作文の書き方

動作情景の結びを理解するには

スポンサーリンク


小4の項目に、動作情景の結びというものがあります。

なにやら難しそうな印象を受けますか?

作文の最後、結びの部分ですが、ここを動作や情景でまとめましょうというもの。

それまでは、
「~と思いました。」
というように感想を書いてまとめていたものを、ひとつ、レベルアップさせていきます。

たとえば……

 「僕は思わず走り出しました。」
 「お母さんは大笑いをしました。」
 「校庭には秋の夕日が輝いていました。」
 「ぼくは小さくガッツポーズをしました。」

このように、余韻を含んだ印象的なシーンで終わらせるのです。

実はこの項目は、説明する方も難しい。
というのは、理解度に大変個人差がある項目だからです。

それまでの読書経験や、好んで読む本の傾向が出るのではないかと、個人的には思っています。

動作情景の結びで終わる物語も多いので、何度も触れて体感している子はすぐに理解できます。
逆に、あまり触れていない場合、動作情景の結びなのか、感想でまとめた結びなのか、その区別がつかないこともあります。

そういう意味でも、読書経験は必要不可欠。
優れた読み手は、優れた書き手でもあると思います。
逆もまた然り。

書く力があるということは、読む力、つまり読解力があるということです。

今回は、動作情景の結びの項目を挙げましたが、この項目に限らず、読むことと書くことは連動しています。

自分が書けるようになると、書き手の意図することがわかってきます。
そうなると、問題文を読んだとき、どこが外せない大切なポイントで、どこが枝葉の部分かも、理解できるようになるのです。

余談ですが、先日都立高推薦で合格した中3生が、そのことにいたく納得していました。
以前は、実例などの枝葉の部分に注目してしまうことが多かったけれど、書き方を学んでからは、重要ポイントがどこなのかがわかるようになった、と。

だから、作文の勉強をはじめると、読解力もついてくるのです。

話が逸れますが、先日、都立高の過去問の問題文を読んでいたのですが、続きが気になって仕方ないもばかり。
早速書店に寄り購入した本がこの文庫。

原田マハ星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)

2015年の国語に、「斉唱」が使われていました。

その「斉唱」を含む7つの短編が収められている短編集ですが、すべて動作情景の結びでしめくくられています。

全文読まないとこの余韻に浸ることはできないとは思いますが、ご参考までに。

椿姫

電車がゆっくりと減速する。駅のホームが近づいてくる。

夜明けまで

夜明けまで、ほんのわずか。
流れる涙を、そのままにしていたかった。

星がひとつほしいとの祈り

入道雲が大きく湧き上がっている。少し身体を伸ばして、文香は窓の向こうに広がる空を探るように眺めた。
いちばん星をみつけるには、まだまだ陽が高いけれど、そうしたかった。

寄り道

真上を少し過ぎた太陽が、白いコンクリートに濃い影をふたつ、作っている。海ははればれと、どこまでも青い。

斉唱

迷わずに来よう、と梓は決めた。
どんなに雪の降りしきる季節であっても。花々がほころび山が笑う春ならば、なおのこと。

長良川

川面には、光を戻した宿の明かりが、ゆらゆらと点っている。堯子の目には、いっさいが滲んで美しく見える。

沈下橋

橋の上のふたつの影、その真横を、光の粒がふかりと掠める。蛍の乱舞が始まったことに、母と娘はまだ気づかずにいる。

◎作文教室受講生募集中◎

毎週土曜日 10:00~17:00

【このような方におススメ】
・中学受験、高校受験用の作文対策をしたい
・毎年、読書感想文などの作文課題に悩んでいる
・作文がうまく書けるようになりたい
・文章読解力をつけたい
・文章を書く習慣をつけたい

言葉の森の専任講師として14年の作文指導歴を持つ講師が、完全個別で、丁寧に指導いたします。
お気軽にお問い合わせください。

ThinkS東品川教室
東京都品川区東品川1-29-20 2F
Tel: 03-6451-4365  info@thinks-sakura.com
http://ameblo.jp/thinks-sakura/

スポンサーリンク


ABOUT ME
菅野恭子
筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒。 作文指導に定評のある言葉の森にて指導に携わる。 現在、言葉の森の教材・指導法にてシンクス東品川教室・シンクス上永谷教室・シンクス阪東橋教室で作文教室開講中。 2000年2001年2002年生まれの三兄弟の母。