作文の書き方

物事を大きな視点で考える練習

みなさん、こんにちは!

作文講師の菅野恭子です。学習塾シンクスで作文クラスを担当しています。

 

作文というと、最後のまとめは、

「~~~~と思いました。」

「~~~~していきたいです。」

などの、ありふれた形になることが多いです。

低学年だったら、これでもよいですが、高学年になると、ひと工夫ほしいところ。

それも、ごく個人的な作文から一歩進んだものを書けるとよいですね。

小6からは、最後のまとめに、一般化の主題という項目を用います。

一般化の主題???

なかなかピンとこないと思います。

今日はこの、一般化の主題の使い方についてお伝えします。

一般化の主題とは?

さて、今日の主役、一般化の主題について説明していきますね。

一般化の主題とは、物事を大きな視点でとらえた上で感想を書くことです。

ひとつのテーマについて、個人的な感想でなく、「人間にとって」「日本人にとって」「子どもにとって」など、全体に共通する考えや思いを書くのです。

難しいと感じるかもしれませんが、高学年くらいになると、俯瞰してみる力が芽生えてきますので、コツをつかめれば上手にまとめることができるようになります。

一般化の主題のつくり方

といってもわかりにくいかもしれませんね。

具体的に考えてみましょう。

個人的な感想・考え

たとえば、目標を持つことで作文を書いたとします。

あなたは、目標を持ったことで、その目標に向かって一生懸命努力しました。

おかげで、とても成長でき、見事、目標を達成できました。

あなたは体験を通して、「目標を持つことで自分のやる気に火がついた」と考えました。

目標を持つこと=自分のやる気に火をつける、と感じているわけですね。

全体的な感想・考え

では、今度は、一般的に考えて、目標はどういうものだと考えられているでしょう?

目標を持つこと=???

この???の部分を考えてみます。

  • 目標=成長に欠かせないもの
  • 目標=結果を出すために必要なもの
  • 目標=よりよい人生を歩むためのもの

いろいろ浮かんでくるでしょう。

自分が、世間一般ではこう捉えられているだろうと考えるものをひとつ、挙げてみましょう。そして、

人間にとって目標とは、○○である

という形にあてはめるのです。

  • 人間にとって目標とは、成長に欠かせないものである
  • 人間にとって目標とは、結果を出すために必要なものである
  • 人間にとって目標とは、よりよい人生を歩むためのもの

このような文になりますね。

一般化の主題を入れるメリット

最後のまとめの段落に、この一文が入っていると、作文全体が引き締まります。また、単に個人的な思い出を書いた作文だとしても、一般化の主題が入ることで、個人の枠を超えて共感してもらえる内容になります。

ちなみに、本日のシンクス東品川教室。

夏休みの旅行の思い出を書いてくれた小6の子がいます。旅を通して、新しい発見や気づきを得てきました。その作文のまとめに入れた一般化の主題は、

「人間にとって旅とは、新しい知恵を生み出すことができるものだ」

というもの。個人的な自分の旅を、大きな視点で見て、まとめてくれました。

きわめて個人的な旅の思い出が、この一文が入ることで、レベルアップしたように感じませんか?

物事を俯瞰して見る練習になる

もちろん、はじめのころはなかなかうまくいかないこともあります。

というのは、成長には個人差があり、高学年になっても俯瞰して見ることが、まだ上手にできない子もいるからです。

でも、ちょっとしたヒントを与えてあげると、

「ああ! そういうことか!」

と理解できる子がほとんど。

慣れもありますから、たくさん練習してコツをつかむことが大切です。

仮に、上手にまとめることができなくても、物事を俯瞰してみる練習になります。俯瞰してみる……これは、生きていくうえでとても大切な力になると思いませんか?

その練習を積むことができる、貴重な時間になります。

 

ねっ、作文の勉強って、すごいんです!

体験レッスン受付中です

学習塾シンクスでは、体験レッスンを受け付けています。

東品川教室 毎週土曜日 10:00〜15:00

上永谷教室 月・水・金 15:00〜21:00

https://studying-center-604.business.site

阪東橋教室 火・木   15:00〜21:00

https://studying-center-870.business.site

下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。





 

 

 

ABOUT ME
菅野恭子
筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒。 作文指導に定評のある言葉の森にて指導に携わる。 現在、言葉の森の教材・指導法にてシンクス東品川教室・シンクス上永谷教室・シンクス阪東橋教室で作文教室開講中。 2000年2001年2002年生まれの三兄弟の母。