指導のひとこま

大切なものこそゆっくり時間をかけて

「先生、テーマとずれちゃうけど、今日はどうしてもこのことを書きたいの。入れてもいいですか?」

いつになくキリッとした表情でそう尋ねてきた小6の女の子。

「このこと」とは……

**********************

ダンスに熱中している彼女。

ダンスのレッスンには、いろいろなメンバーが集い、中には、黒人とのハーフの子もいる。

お父さんはその子について、黒人の血が混じっていると揶揄したり、一緒に遊ぶのを禁じたりする。

そんなお父さんの差別的な発言が嫌でたまらない。

でも、お父さんに反論することができず、嫌悪感を心の中に閉じ込めている。

**********************

ということです。

子どもにとって、ある程度の年齢までは、親の言うことは絶対です。

親の価値観によって子どもの世界も形作られていきます。

でも、自分自身の価値観が芽生えてくると、必ずしも相いれない場合が出てきますよね。

彼女がこうやって、親の言うことに疑問を抱けたのは、成長の証。

とても健全なことだと思います。

作文を書き上げた彼女は、心に秘めていたこの思いを表現することができて

すっきりした

と言いました。

作文は、こんなふうに子ども自身が自分の思いを見つめる機会にもなるし、親にとっても、わが子の成長過程を見つめる機会になると思います。

慌ただしく過ぎていく毎日。

気が付かないというのは楽です。

見ないふりをしてしまうのも楽です。

でも、心の成長には、やはり、じっくり見つめる時間をとりたいものです。

大切なものは、ゆっくり時間をかけて育んだ方がよいのです。

愛って、そういうものじゃないですか?

私は、作文を書くことを通して、子どもたちが自分自身や自分のまわりのことを見つめることができるよう願っています。

ですから、指導では、そんなきっかけになる一言をかけるよう、心がけています。

焦らず急かさず、その子なりの歩幅に合わせて伴走するのが私のスタイル。

単に書けるようになればよいのでもっと厳しく指導して、という方には向かないかもしれませんが、

書く力だけでなく、豊かな心を持ったお子さんに育てたい方は、ぜひこちらまで。

↓   ↓   ↓

◎作文教室受講生募集中◎

毎週土曜日 10:00~17:00

【このような方におススメ】
・中学受験、高校受験用の作文対策をしたい
・毎年、読書感想文などの作文課題に悩んでいる
・作文がうまく書けるようになりたい
・文章読解力をつけたい
・文章を書く習慣をつけたい

言葉の森の専任講師として14年の作文指導歴を持つ講師が、完全個別で、丁寧に指導いたします。
お気軽にお問い合わせください。

ThinkS東品川教室
東京都品川区東品川1-29-20 2F
Tel: 03-6451-4365  info@thinks-sakura.com
http://ameblo.jp/thinks-sakura/

ABOUT ME
菅野恭子
筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒。 作文指導に定評のある言葉の森にて指導に携わる。 現在、言葉の森の教材・指導法にてシンクス東品川教室・シンクス上永谷教室・シンクス阪東橋教室で作文教室開講中。 2000年2001年2002年生まれの三兄弟の母。