指導のひとこま

子どもの柔軟な頭は無敵:小6感想文課題から

小6の1月3週の感想文課題は、昔、ベストセラーとなった「ソフィーの世界」から。

子どものころの柔軟な思考は大切だという話です。

感想文ではおなじみの似た話。
この週では、自分が子どものころのエピソードなどを書いてくれる子が多いです。

たとえば、テレビの中から人が出てくると思っていたなどは定番の似た話です(笑)

初めてこの課題の指導をしたときに、ふと思い出したことがありました。

まずひとつめ、中学の時の思い出です。
数学の先生が黒板にこんな数字を書き出しました。

1 3 4 6 8 10 12

そして、この数字は何を表しているか? という質問。

クラス中、足したり引いたりかけたりわったり。。。その法則性を見つけようといろいろ試したのでした。

でも、だれもわからず。

みなさん、いかがでしょう?
おわかりになりますか?

種明かしをすると、

これは、当時のテレビのチャンネルだったのです。
(もしかしたら、関東地方だけかもしれません)

答えを耳にした私たちは、

「あ~~~~!!!」

顔を見合わせみんなで大爆笑。

先生いわく
「幼稚園生に見せたらだれでもわかるんだよ。余計な知識がないほうがわかることもあるな。」

確かに、この問題に限らず、まっさらな目で見るとわかることもありますね。

それからもうひとつ。

こちらは大学時代のことです。
こんなクイズ? がありました。

to be to be ten made to be

これ、日本語でなんていう?

こちらの問題も、英語をかじってしまうとわからなくなってしまうかも。

ローマ字で読んでみてください。

「とべとべ天までとべ」

なんです。

どちらのお話も、知識があるがゆえに物事をシンプルに見ることができなくなってしまったという一例ですよね。

知らないということは、別の見方をしたら素晴らしいアイデアが生まれるということかも。

まっさらでいるって、やっぱり大切ですね(^-^)

◎作文教室受講生募集中◎

毎週土曜日 10:00~17:00

【このような方におススメ】
・中学受験、高校受験用の作文対策をしたい
・毎年、読書感想文などの作文課題に悩んでいる
・作文がうまく書けるようになりたい
・文章読解力をつけたい
・文章を書く習慣をつけたい

言葉の森の専任講師として14年の作文指導歴を持つ講師が、完全個別で、丁寧に指導いたします。
お気軽にお問い合わせください。

ThinkS東品川教室
東京都品川区東品川1-29-20 2F
Tel: 03-6451-4365  info@thinks-sakura.com
http://ameblo.jp/thinks-sakura/

ABOUT ME
菅野恭子
筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒。 作文指導に定評のある言葉の森にて指導に携わる。 現在、言葉の森の教材・指導法にてシンクス東品川教室・シンクス上永谷教室・シンクス阪東橋教室で作文教室開講中。 2000年2001年2002年生まれの三兄弟の母。