指導のひとこま

小6女子の名言:いっぱい笑った者勝ち

みなさん、こんにちは!

作文講師の菅野恭子です。学習塾シンクスで作文クラスを担当しています。

土曜日はシンクス東品川教室の作文クラスの日。

今日もみんな熱心に作文に取り組みました。

名言が飛び出たすばらしい感想文

今日は、小6の女の子が素晴らしい感想文を書いてくれました。

課題の長文は、横浜共立中の過去問から。要約すると次のような内容の文章です。

イギリス人はユーモアを大切にする。それに比べ、日本人は、ユーモアよりも真面目であることが重要視される。第二次世界大戦時、爆撃を受けたロンドンのデパートが、

「平常通り営業。本日より入口を拡張しました」

という看板を出した実話があるが、もし、日本でこんなことをしたら、不謹慎だと叩かれるに違いない。ユーモアは、ハンドルに遊びが必要なことと同様、人生に欠かせないものだ。

ユーモアには、それを受けとる感性の装置が必要で、頭がよくても知識を集めても、どうにもならないセンスの問題でもある。

彼女は、この、「感性の装置」に注目しました。

小6の感想文の書き方は、つぎのように指導しています。

  1. 要約
  2. 似た話1(自分の体験を用いて)
  3. 似た話2または聞いた話
  4. 一般化の主題を用いてまとめ

彼女は、第二段落の似た話1につぎのような話題を書いてくれました。

小5のときの担任の先生は、「ユーモアを受け取る感性の装置」を備えている。いつも明るく、みんなと楽しんでくれる。笑顔ではきはきと私たちに接してくれる。私たちのユーモアも、脳と一緒に育ててくれた。

そして、続く第三段落。似た話2には、興味深いことを書いてくれました。

日本人は、ユーモアのセンスが「ない」のではなく「忘れている」のだと思う。楽しいことはたくさんあるから忘れてしまうが、つらいことやいやなことは強く覚えている。だから、強く覚えていることを繰り返さないために、真面目になってしまうのだ。

最後の第四段落、このまとめが、さらに素晴らしい内容です。

日本人にとってユーモアや笑いとは、その人がどれだけ楽しいことをしたかどうかだ。楽しいことをすればするほど、その後の人生を変えることができる。いっぱい笑った者勝ちだ。

彼女は、終始一貫してユーモアを受け取る感性の装置について考えています。

このように、しっかり焦点をあてる部分を絞ったのは大変よいことです。

そして、最後の段落の

いっぱい笑った者勝ちだ

には、前向きな彼女らしさが詰まっています。

自分の考えを知るにはアウトプットが必要

実は、感想文を書く前に、彼女の考えを深く見つめています。

事前の対話で、どこに興味があるのか、それはどうしてか、ということを探っているので、実際に書き始める段階では、かなり考えが絞られていると思います。

 

自分はなにを考えているのか、それを理解するには、アウトプットすることが必要です。

このアウトプットに最適なのが、書くこと。

子どもたちの様子を見ていて、そう実感しています。

作文の学習は、自分自身を見つめるのにぴったり

自分の考えを知り、それをまとめる。

なかなか難しいことです。なんとなくこうなんだけど……というぼんやりした状態を、人に伝わるように明確にしていくのは、想像以上に大変です。

これからの時代、書く技術と、自分の考えを伝えるコミュニケーション術は、さらに必要になると思います。

書くテクニックを学ぶ以上に、考えるテクニックを学べるのが作文の勉強。

シンクスでは、随時体験学習を受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

東品川教室 毎週土曜日 10:00~15:30

上永谷教室 月・水・金 15:00~

阪東橋教室 火・木   15:00~





ABOUT ME
菅野恭子
筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒。 作文指導に定評のある言葉の森にて指導に携わる。 現在、言葉の森の教材・指導法にてシンクス東品川教室・シンクス上永谷教室・シンクス阪東橋教室で作文教室開講中。 2000年2001年2002年生まれの三兄弟の母。