指導のひとこま

作文が苦手な子は「好きで好きでたまらないこと」から書いてみよう

みなさん、こんにちは!

作文講師の菅野恭子です。学習塾シンクスで作文クラスを担当しています。

作文に書くことがない子、どうしたらいい?

「作文嫌い!」「何書いていいかわからない!」

そういう子も多いですね。そもそも作文書く意味なんてあるの? という子もいます。

そんな作文嫌いの子が作文に取り組まなくてはならないときは、好きなことについて書いてもらうのがいちばんだと思います。

なーんだ、そんなこと⁉ とがっかりさせてしまったでしょうか?

でも、ほんとうなのです。ですから、どうしても書くことが思い浮かばない……そんな子には、好きなことを書いてもらうようにしています。

猛毒図鑑を読むのが大好きな子

先日も、書くことが決まらない子がいました。

そういうときは、雑談の中から書けそうな話題を見つけていきます。この子は、生き物に興味があるようで、世界中の怖い生き物について嬉々として話し始めました。

キロネックスフレッケリ、エジプトコブラ…

猛毒を持つ生き物の名前が次々と飛び出してきます。

「じゃあ、そのこと書いてみようよ。私、初めて聞いた!」

そう言うと、

「仕方ないなあ、じゃあ、書くか」

となりました。

自分の好きなことについては、本や図鑑に触れることも多いでしょうし、なによりアウトプットできる知識が豊富です。図鑑の解説の文章を暗記してしまうくらいの子もいます。この子も、猛毒図鑑が大好きなのだそう。

好きなものをどう書いていくか

好きなものがあっても、どう書いたらいいのかわからないという場合もありますね。

好きなものについて、人に説明するようなつもりで書いてもらうと、本人も驚くほどすいすいと書きすすめることができます。

好きなものについて、たとえばサッカーが好きならサッカー博士になったつもりで、よく知らいない人にサッカーの魅力を教えてあげるつもりでもいいでしょう。

こんなに楽しいんだよ! こんなにすごいんだよ! ねえ、みんなもやってみない?

好きなものの魅力を伝える気持ちで取り組むと、言葉に詰まることがありません。

この分野ならいくらでも人に話せる! という好きなものを、だれでもひとつくらいは持っているのではないでしょうか?

どうしても書けない子には、毎回好きなものについて書いてもらうのも、私はありだと思っています。

満足するまで書いたら、自然とほかのテーマに移っていくでしょうし、仮にそうならなかったとしても、ひとつのことを極めるのもまたよしと考えているからです。

知識はアウトプットしてこそ自分のものになります

さて、先ほどの怖い生き物について書いてくれた生徒さんの作文。

こんな素晴らしい作文が書きあがりました!

生物の研究をするのが将来の夢だという生徒さん。図鑑も読みこんでいるだけあり、解説に使われている文章は、とても大人っぽく洗練されていますね。

読書を通してインプットした語彙や表現が、上手にアウトプットされています。

「うちの子は、読書が好きなのに作文が書けないんです……」

そうお困りの親御さんも多いのですが、その理由は、アウトプットが足りないことに尽きます。

インプットしたものは、アウトプットしてこそ自分のモノになります。

この作文は、その参考にしていただきたい好例です。

それにしても、この生徒さん、今月のMVPにしたいくらい一生懸命書いていました!

やはり、好きこそものの上手なれ、ですね。

 

 

 

 

ABOUT ME
菅野恭子
筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒。 作文指導に定評のある言葉の森にて指導に携わる。 現在、言葉の森の教材・指導法にてシンクス東品川教室・シンクス上永谷教室・シンクス阪東橋教室で作文教室開講中。 2000年2001年2002年生まれの三兄弟の母。