受験対策

急がば回れ:都立高入試の200字作文で点を取るコツ

 

都立高校の一般入試では、国語の問題に200字の作文を書かせる設問があります。

設問の内容は、

課題文について国語の授業で発表することになった。あなたならどう発表するか

といったもの。

ちなみに昨年、平成29年度の問題は次のようなものでした。

この200字作文。

配点が10点。100点満点のうち1割です。

この配点を高いとみるか、低いとみるか。

いかがですか?

配点が高いので、確実に取にいってほしいところではないでしょうか。

 

また、採点基準を見ると、高校ごとに配点基準を設定できるようです。

長文の内容を確実に把握できているかを確認するための細かな設定を設ける高校もあるのでしょう。

 

さて、200字作文で高得点を取るコツですが、

まずは、焦らず長文を理解すること。

限られた時間で読むのですから、焦るなといわれても難しいのは当然です。

でも、急がば回れというのは真実で、焦って読み飛ばしてしまう個所があったり、そもそも論点を見誤ってしまっては元も子もありませんよね。

 

そして、テーマに即した自分の体験をピックアップしましょう。

余裕がなければ、真っ先に浮かんだことでOK.。

 

まず、第一段落にその体験を書きます。

与えられた字数が200字ですから、だらだらと書かずに簡潔にすっきりまとめましょう。

 

そして次に、第二段落で意見を書きます。

先に書いた体験とつながりのない意見にならないように。

 

また、長文の内容を読み取れていないと解釈される意見もNGです。

ぱっと見たところ、体験→意見という流れでしっかり書けているようであっても、

内容の齟齬は意外と厳しく見られているようです。

 

かなりボリュームのある文章を短時間で読み解く力、それに加えて記述の力が必要です。

つまり、国語力があるか、というところをチェックしているのですね。

 

文章を読み解く力は、実は一朝一夕には身につきません。

他の教科のように暗記すればOKとか、解法を覚えればOKというわけにはいきませんから。

受験を控え猛勉強した場合、解答を探すテクニックは身につけることはできるかもしれませんが、この200字作文は、「解答を探す」性質のものではありません。根本的な読解力や考える力は、やはり時間をかけて育てる必要があるように思います。

 

この10点の配点を手に入れることができるかどうか、それも、特別に時間を割かずとも対応できるかは、低学年からの作文の勉強がものを言います。

国語力は一生モノです。

高校受験対策のみならず、その後の大学入試対策、就職試験対策にも使えます。

また、社会に出てからも文章を書く機会は多々訪れるでしょうから、生涯言葉を使うことには困らないでしょう。

 

作文の勉強か。。。

やらせてみようかしら。。。

という方がいらしたら、ぜひこちらまで!

 

 

◎作文教室受講生募集中◎

毎週土曜日 10:00~17:00

【このような方におススメ】
・中学受験、高校受験用の作文対策をしたい
・毎年、読書感想文などの作文課題に悩んでいる
・作文がうまく書けるようになりたい
・文章読解力をつけたい
・文章を書く習慣をつけたい

言葉の森の専任講師として14年の作文指導歴を持つ講師が、完全個別で、丁寧に指導いたします。
お気軽にお問い合わせください。

ThinkS東品川教室
東京都品川区東品川1-29-20 2F
Tel: 03-6451-4365  info@thinks-sakura.com
http://ameblo.jp/thinks-sakura/

ABOUT ME
菅野恭子
筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒。 作文指導に定評のある言葉の森にて指導に携わる。 現在、言葉の森の教材・指導法にてシンクス東品川教室・シンクス上永谷教室・シンクス阪東橋教室で作文教室開講中。 2000年2001年2002年生まれの三兄弟の母。