作文の書き方

きらきら★ぴかぴか★でイメージがわく

みなさん、こんにちは。

学習塾シンクスで作文を教えている菅野恭子です。

今日は、梅雨だということを忘れてしまうようなお天気です。

おひさまはきらきらと輝いているし、爽やかな風がそよそよと吹いています。

駅に向かう途中に、くちなしの花が咲いているお宅があるんです。

この季節ならではの楽しみ、通りがかるたびに、ふわふわと漂う香りを楽しんでいます。

ほんの少し近況をつらつらと書きましたが、今日のタイトルにあるとおり、擬態語や擬音語を気持ち多めに使っています。

日本語は擬態語擬音語が豊富

日本語には、擬態語や擬声語がとても多いと言われています。

タイトルのきらきら、ぴかぴかなど、日常よく使うものを思い出してみても、次から次へと浮かんでくるのではないでしょうか。

そのくらい、よく使われている言葉です。

子どもにとっても身近ですから、作文の中に入れるのは比較的簡単。

低学年で学ぶ項目になっていますが、ほかの項目に比べても、楽しく取り組むことができる項目のひとつです。

 

イメージがぐんと膨らむ

擬態語、擬音語の使い方によっては、読み手のイメージがふくらむ文を簡単に書くことができます。

具体的にみてみましょうか。

食事シーンから

マンガ、ドラゴンボールから食事シーンをあげてみました。

「ご飯を食べる」という行為にも、いろいろな擬態語擬音語がつかわれます。

一般的には、

  • もぐもぐ
  • ぱくぱく

あたりですね。

大食漢の食事シーンだと、

  • ガツガツ
  • バクバク
  • むしゃむしゃ

あたりがぴったり来ます。

まさにこのドラゴンボールの食事シーンに登場していますが(笑)

一般的な「ぱくぱく」「もぐもぐ」をつかうよりもずっと、雰囲気が出ることがわかりますよね。

おいしい、まずいも自由自在

つぎに、食べ物のおいしさを表現する場合はどうでしょう?

  • ぷるぷるのフルーチェ
  • もちもちのうどん
  • さくさくのミルフィーユ
  • ぱりぱりのおせんべい
  • かりかりと焼けたトースト
  • 肉汁がじゅわっとしみでるハンバーグ

などなど、想像しただけでよだれが出そうになりませんか?

もし、まずかったお話の場合は、

  • べちょっとした唐揚げ
  • かちかちのハンバーグ

などの擬態語をつけたすだけで、おいしくないということが伝わってきますよね。

このように擬態語擬音語をつかうことで、伝えたいことをより鮮明に伝えることができます。

マンガは擬態語擬音語の宝庫

私は、マンガも読書のうちだと思っている派です。

もちろん、「目指すところはどこか」によっては、マンガ反対という声にも理解できます。

たとえば、東大合格を目指す人に、マンガも読書のうちですよとすすめることはありません。

  • 少しでも語彙力を増やしたい
  • 現状では、まったく本を読まない

そのような方には、マンガだっていいじゃない? 断然そう言います。

なんといってもマンガは、擬態語擬音語の宝庫なのです。

ありきたりの擬態語擬音語に頼ってしまう子は、新しいネタをマンガで仕入れるのもよいのでは。

擬音語はカタカナ、擬態語はひらがな?

学校教育の現場では、擬音語はカタカナ、擬態語はひらがなで書くという指導がされているようです。

テストでも、カタカナで書くのはどちらか?という問題などで、確認させているようです。

しかし、作文に書く場合は、それほど厳密でなくてもよいのでは。

私の個人的な見解ではありますが、きらきらをキラキラと表現したいときもありますし、ワンワンをわんわんと表現したいときもあります。それが表現するおもしろさだと考えるからです。

テストでは、もちろん学校で習ったとおりに答えなくてはいけませんが、作文に関しては、それもその子の表現だと思っています。

頭の片隅に知識として置いておくだけで、あまりこだわらなくてもよいのではないでしょうか。

どんどん使ってみよう

擬態語擬音語について、いかがでしたか?

さっそく使ってみたくなったでしょうか?

実際に作文に書き入れてみましょう。

使えば使うほど、自分のものになりますよ。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
菅野恭子
筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒。 作文指導に定評のある言葉の森にて指導に携わる。 現在、言葉の森の教材・指導法にてシンクス東品川教室・シンクス上永谷教室・シンクス阪東橋教室で作文教室開講中。 2000年2001年2002年生まれの三兄弟の母。