作文の書き方

要約が上手にできるようになるには

要約

みなさん、こんにちは。

作文講師の菅野恭子です。学習塾シンクスで作文クラスを担当しています。

 

「うちの子、要約ができないんです……」

そうお悩みの親御さんが多いです。この記事を読んでくださっているあなた、いかがでしょうか? やはり要約に悩まされていらっしゃいますか?

たしかに要約は難しいですね。なにがキーワードになるのか、絶対に外せない大切なポイントはどこか、文章を的確に読み取ることができないと、的外れな要約になってしまいます。

作文の勉強は、要約の腕を上げるのにもオススメなのです。

今回は、それはなぜか、解説したいと思います。

書き方がわかると文章のパターンがわかる

要約

作文の勉強をすることで、文章の構成を理解することができます。

たとえば、中学生が練習する意見文の構成をあげると、

  • 主題(結論)
  • 理由1+理由を裏付ける体験談(具体例)
  • 理由2+理由を裏付ける体験談(具体例)
  • 主題(結論)

となります。

毎回自分で書くことを経験すると、構成がすんなり理解できるようになります。すると、ほとんどの説明文は、主題とその理由、具体例の繰り返しで成り立っていると理解します。

そして、具体例は理由の説得力を増すために存在します。

ということは、最重要ポイントにはならないということ。

あくまでも、最重要ポイントは主題・理由にあります。

自分自身が書く立場になることで、このような文章構成を把握できるようになるのです。

身近な話題が多い実例に注目しがち

先ほど、具体例はさほど重要でないと述べました。

具体例は、身近なわかりやすい話題であることが多いため、理解しやすいという特徴があります。ですから、具体例の方に目を付けてしまう子が多いのです。具体例に目を向けてしまうと、本来のテーマから話題が逸れてしまいます。

普段から書き慣れていない子は、どうしても内容を把握しやすい具体例に目を向けがちなのです。

構成を理解できる子は、具体例の罠にひっかかりません。

感想文を書く際に要約も練習します

要約

また、感想文を書く際には、実際に要約の練習をしています。

ほとんどの子が、何が何だかわからない状態でのスタートですが、徐々にコツをつかめるようになってきます。1年も続けたら、見違えるようになります。

先日は、中1の女の子が、

「国語の授業で要約がうまいと褒められ、みんなの前で発表したの!」

と嬉しそうに報告してくれました。

この子は、作文の勉強を初めて1年半ほど。毎週コツコツ書き続けていますが、このように確実に力をつけています。

要約は、習うより慣れよ、という要素も大きいです。

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

いかがでしょう?

作文の勉強って、なかなか奥が深いと思いませんか?

もっと知ってみたいと思った方、お気軽にお問い合わせください。

無料体験学習は随時受け付けております!





 

 

 

 

ABOUT ME
菅野恭子
筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒。 作文指導に定評のある言葉の森にて指導に携わる。 現在、言葉の森の教材・指導法にてシンクス東品川教室・シンクス上永谷教室・シンクス阪東橋教室で作文教室開講中。 2000年2001年2002年生まれの三兄弟の母。