おすすめの一冊

2019年課題図書出ました

みなさん、こんにちは。

作文講師の菅野恭子です。学習塾シンクスで作文クラスを担当しています。

小学生・中学生のみんなは、進級や進学で新しい生活が始まったばかり。夏休みはまだ当分先のお話ですよね。

その夏休みの宿題でおなじみの感想文ですが、感想文コンクールの課題図書が先日発表されました。

少し気が早いような気もしますが(笑)ご紹介します。

低学年向け

魔女ののろいあめ

created by Rinker
¥1,296
(2019/04/24 19:50:20時点 Amazon調べ-詳細)

スタンリーとちいさな火星人

created by Rinker
¥5,350
(2019/04/24 19:50:20時点 Amazon調べ-詳細)

心ってどこにあるのでしょう?

created by Rinker
¥2,980
(2019/04/24 07:47:24時点 Amazon調べ-詳細)

もぐらはすごい

created by Rinker
¥1,620
(2019/04/24 07:47:24時点 Amazon調べ-詳細)

中学年向け

かみさまにあいたい

created by Rinker
¥4,920
(2019/04/24 07:47:25時点 Amazon調べ-詳細)

子ぶたのトリュフ

created by Rinker
¥1,512
(2019/04/24 19:50:21時点 Amazon調べ-詳細)

そうだったのか!しゅんかん図鑑

created by Rinker
¥1,404
(2019/04/24 10:11:20時点 Amazon調べ-詳細)

季節のごちそうハチごはん

created by Rinker
¥5,480
(2019/04/24 19:50:21時点 Amazon調べ-詳細)

高学年向け

ぼくとニケ

created by Rinker
¥5,350
(2019/04/24 07:47:25時点 Amazon調べ-詳細)

かべのむこうになにがある?

created by Rinker
¥1,728
(2019/04/24 19:50:22時点 Amazon調べ-詳細)

マンザナの風にのせて

created by Rinker
¥5,200
(2019/04/24 19:50:22時点 Amazon調べ-詳細)

もうひとつの屋久島から:世界遺産の森が伝えたいこと

書き方について、今後解説していきます

パッと見て読んでみたいと思う一冊があったら、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか? 人間も一目ぼれがありますが、本との出会いにもあてはまると思いますよ。

私も、思わず手にとってしまう一冊は、表紙のデザインに心惹かれて…ということが多々あります。

私もこのうちの何冊かを手に入れましたので、今後、書き方の解説や、どのようなタイプの子に向いているかなど、投稿していこうと思います。

昨年度に比べると、簡単に読めるものが多い印象です。中には、文章がごくわずかの画像がメインの本もあります。たとえば、

そうだったのか!しゅんかん図鑑」

などは、ほとんどが写真で、科学が好きな子が好んで読みそうな一冊です。

うちの子、本は読まないから……と言わずに、ちょっと見てみては。

 

 

ABOUT ME
菅野恭子
筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒。 作文指導に定評のある言葉の森にて指導に携わる。 現在、言葉の森の教材・指導法にてシンクス東品川教室・シンクス上永谷教室・シンクス阪東橋教室で作文教室開講中。 2000年2001年2002年生まれの三兄弟の母。